CALMLAMP’s Philosophy

CALMLAMPは “Think How Music will be” をコンセプトに活動するレーベルです。
レーベルとは言いつつも、音楽のみならず、写真や映像, 絵画, 空間, デザイン, インターネット, etc…さまざまなフィールドで活動しています。

10年以上前から「CDは売れない、音楽は終わった」と言われています。CDの売上は90年代後期から減少を続け、今や当時のおよそ半分にまで下落しました。

しかし、私たちはこの状況をチャンスであるととらえています。なぜなら、現在の状況は「音楽の在り方」の変化の過程であると考えているからです。 音楽は終わりません。「音楽の在り方」が変わるだけなのです。

過去をふりかえれば、音楽の存り方は、歴史とともに変化していることがわかります。その時代の「音楽の在り方」が古くなると、新しい時代に合わせアップデートされる。そのような歴史が5000年以上も繰り返されてきたのです。

このような背景から、CALMLAMPは “Think How Music will be” というコンセプトを掲げています。
私たちの目標は、新しい時代の「音楽の在り方」を提示し続け、新しい音楽文化を創造することです。

現在、「新しい音楽文化は、音楽と他のフィールドのコラボレーションにより生まれる」という確信のもと、活動しています。 音楽は手で触れられない、目に見えない、カタチも持たないモノです。

そんな音楽だからこその 「新しい在り方」を考えていきます。